家を売るなら【不動産一括無料査定】※1番高い価格がスグ分かる

地元の不動産買取業の一括査定※大手も地元の業者も!家がいくらで売れるか知りたいお父さんに、娘が教えた簡単な査定方法【机上査定】とは?

ローンが残っている家を不動産一括査定サイトで査定してもいいの?

   

不動産一括査定サイトのイエウールでは、住宅ローンの返済を終えていない家でも一括査定を依頼することができます。

何故ならば、住宅ローンが残っている家も売却することが可能だからです。

イエウールの不動産一括査定は

「家を売る予定はないけど、この家を売った場合、どれくらいの査定価格になるのか知りたい。」という理由での依頼も可能なので

 

「住宅ローンが残っている家を売ろうかどうか迷っている。」
「住宅ローンが残っていても売ることができるのか知りたい。」
「住宅ローンの返済が苦しいから手放そうかと考えている。」など、

 

どんな理由でもOKなので、ぜひ一度、一括査定を依頼してみてください。

一括査定の結果を得てから本格的な売却を検討してみても良いと思います。

 

住宅ローンが残っている家を売るには

イエウールでは、住宅ローンの返済を終えていない家でも一括査定を依頼することができますが、実際に売却を行う場合には条件があります。

たったひとつの条件なのですが、この条件をクリアできない人もいるんです。

 

その条件とは
【家の売却が成立した際、残りの住宅ローンの全額を一括で返済しなければならない。】
というものです。

 

たとえば、
・残りの住宅ローンが500万円
・家の売却金額が800万円
このような場合、残りの住宅ローンの全額を一括で返済することができ、300万円を手元に残すことができます。

 

もしも、
・残りの住宅ローンが500万円
・家の売却金額が300万円
このような場合、売却金額だけでは残りの住宅ローンの全額を一括返済することができません。
足りない分は貯金から出すなど工面しなければなりません。

 

問題なのは「残りの住宅ローンの全額を一括返済するための費用が用意できない」場合ですよね。

 

住宅ローンが残っている家を売るために重要なのは「少しでも高く家を売ること!」です。
残りの住宅ローンの全額を一括返済することができるだけの金額で売却することが必要なのです。

 

そのためには、より多くの不動産会社に査定を依頼しましょう。

 

どうしても住み替えたい!という場合

「住宅ローンが残っているけれど、今住んでいる家を売却して、別の家に住み替えたい。
でも、住宅ローンが残っている家を売却するための条件をクリアすることができない。」

 

このような場合には、「残りの住宅ローン+新しい家の住宅ローン」を合わせて返済をすることができる【住み替え住宅ローン】を利用することができます。

ただし、注意して欲しいのは、借り入れ金額が高額になってしまう可能性があるということです。
借り入れ金額が高額になるということは、厳しい審査を通過しなければならないということでもありますし、審査を通過することができなければ借り入れできません。

 

任意売却という方法

【家の売却が成立した際、残りの住宅ローンの全額を一括で返済しなければならない。】
という条件をクリアすることが、住宅ローンが残っている家を売るための条件だとお話しましたが、その条件をクリアすることができない場合でも家を売ることができる方法があります。

 

それは「任意売却」という方法です。

任意売却を専門とする不動産会社に家の売却をお任せするという方法で、家の売却が成立した際に残りの住宅ローンの全額を一括で返済することができない場合でも家を売ることができるという方法です。

 

しかし、「任意売却をする」イコール「残りの住宅ローンの返済が無くなる」というものではありません。

 

【家の売却が成立した際、残りの住宅ローンの全額を一括で返済しなければならない。】
という条件が無くなるだけです。

 

残りの住宅ローンの全額を一括で返済する必要は無くなりますが、借り入れを行った金融機関に分割で支払いをしなければなりません。

 

「売却が成立した際に全額一括返済は無理だけど、分割なら可能。」という人に嬉しい売却方法です。

 - 家を売る時の疑問