【不動産屋さんの買取査定】どんな風に査定するの?高く売るコツは?

タブレットを持つ女性 ビジネス

今回は
「不動産の売却する方法について教えて!」
「どんな風に査定するの?」

という質問からお答えしたいと思います。

いざ、売却したいと思ったらどうすれば良いのか?

建物や土地を買う方法はいくらでもインターネットや雑誌等のPRで沢山掲載されているけど、、売却方法はあまり載っていない。

誰に相談したらいいの?

今日はこんな疑問に答えていきたいと思います!

不動産を売却する方法について教えて!不動産会社に依頼しよう! 不動産会社に依頼するわけは?

建物、土地の売却は、どんな種類(アパート、マンション、古屋、新築戸建てなどの不動産にしろ、最初に相談すべき場所は不動産屋さんになります。
不動産の賃貸、売買は宅地建物取引主任者の元、法律にのっとり手続きをする必要があります。
売買の場合、登記の関係も司法書士、弁護士まれに不動産屋さんがしてくれることもありますが、法律にのっとり行わなければなりません。
勿論、時と場合によりけりですが、購入先が親戚などで既に売却が確定していたりした場合は不動産業者へ依頼せずとも可能な場合もありますが、お金がかかる問題については後にトラブルも付き物です。不動産会社に間に入って頂く事を強くお勧めします。

不動産会社はこれまで培ってきた人脈、また不動産会社の横の繋がりもあり、売却するプロです。
不動産会社しか見れないサイト「レインズ」というサイトが存在し、そのサイトから全国の不動産情報を共有しています。
不動産会社に依頼した場合、当然の事ながらこのサイト、レインズに掲載され、更にはスーモやホームズ、アットホームなどのサイトにも掲載されます。

まずは、良い不動産会社を見つける事が先決です。
また、不動産会社によっては宣伝方法の仕方も随分と変わってくるので私がお勧めするのは不動産会社に売却依頼をまずします。
この依頼契約をする時には必ず一般媒介という契約をお勧めします。
契約には主に2種類あり、一般媒介、専任媒介というものがあります。
一般媒介は自分で多くの不動産会社に売却依頼をする事が可能です。

専任媒介は「専任」ですからその不動産会社にしか売却依頼をすることが出来ません。
良い不動産会社を見つける為にも、一般媒介契約をし、多くの不動産会社に依頼を出す事をお勧めします。

不動産会社の査定の仕方

不動産査定には、いくつかの方法があります。
物件の種類や用途に応じた「原価法」「収益還元法」「取引事例比較法」、その査定を行う方法として「机上査定」「訪問査定」があります。

「原価法」・・・土地や一戸建ての価格に用います
「収益還元法」・・・収益用のアパートなど投資用物件に用います
「取引事例比較法」・・・住む前提の中古マンションや一戸建てに用います

中古用の不動産でもっとも多い査定方法が「取引事例比較法」です。
これについてはその不動産の周辺取引相場や売出事例から算出する査定方法です。

例えば「取引事例比較法」での机上査定方法は、まず担当者が周辺の取引事例や成約事例を調査します。査定物件と似ている物件の事例をピックアップして、そ の事例を参考にし、さらに部屋の「バルコニー向き」や「室内の設備、仕様、建物全体のグレード」を比較考慮した上で、査定価格を出します。

高く売るコツは?

不動産の売却で高く売るコツは、まず最初にお考え下さい。
自分が買うときならどのような不動産が良いだろう?アパート、マンションを含む中古住宅なら室内を綺麗にする、余計な家電家具は移動させ、部屋を広く見せる。中古アパート、マンションならフローリングや畳の張替え、壁紙の張替えなど出来る限りの事は行ったほうが良いでしょう。
土地であれば、余計な物は全て移動させ、駐車場としてのイメージをつかせる為に、白線を引くなども良いでしょう。

また上記にも記載しましたが、最も大切なのは不動産会社の選択です。
一社では無く、数社に依頼し、査定してもらいましょう。
多くの不動産会社は査定する際には殆ど無料ですので、是非不動産会社へ相 談してみて下さい!

【まとめ】

とにかく不動産会社へ行き、査定してもらいましょう!それも一社では無く出来るだけ多くの不動産会社へ行きましょう!
その際にも部屋を片付けたり、出来るだけ綺麗に見せるように心がけましょう。
周辺商業施設のPRや行政機関の位置、直線距離での最寄り駅まで何kmなどのPR書類の作成も効果的ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする