家を売るなら【不動産一括無料査定】※1番高い価格がスグ分かる

地元の不動産買取業の一括査定※大手も地元の業者も!家がいくらで売れるか知りたいお父さんに、娘が教えた簡単な査定方法【机上査定】とは?

家はやマンションってどうやって査定されるの?※査定士は4つのココを見ている!

   

家を売りたい場合の査定についてなのですが、相場や過去に行われた取り引きの事例などを比較し、その家を短期間で売却することができる見込み価格を算出します。

まず初めに行われるのは家の調査です。
査定を依頼した不動産会社が訪問査定を行います。

 

敷地の状況はどのようになっているのか?
家の状況はどのようになっているのか?について調査されるのですが
これは、法務局や役所の調査によって、権利上の問題は無いのか?法令上の問題は無いのか?という内容の調査です。

 

査定を依頼する不動産会社によって査定価格は様々です。
・A社の査定価格 750万円
・B社の査定価格 1000万円
・C社の査定価格 1300万円
というように大きな差が生じる場合もあります。

 

不動産会社によって査定価格に差が生じる理由は
・選定の能力の高さ
・過去に行われた取り引きの事例についての情報収集
・土地の条件格差の評価
・市場性の問題についての判断
これらの違いによるものです。

 

同じ査定結果を得ることができるというわけではないため、より高く家を売るために複数の不動産会社に査定を依頼する人が多いのです。

 

査定士は4つのココを見ている!

「マンション・アパート」の場合と「一戸建て」の場合の違いについて

初めに行われる査定は、法務局や役所の調査によって、権利上の問題は無いのか?法令上の問題は無いのか?という内容の調査であるとお伝えしましたが、それ以外にも調査項目はたくさんあります。

 

マンションやアパートの場合は利便性、一戸建ての場合は生活性がとくにチェックされる調査項目です。

利便性というのは
・最寄り駅から近いのか?
・病院や銀行や役所は近くにあるのか?
・コンビニやスーパーやドラッグストアは近くにあるのか?
などということです。

 

生活性というのは
・気になる騒音はないのか?
・ご近所トラブルはないのか?
・住民性はどのようなものなのか?
・将来的にリフォームや増築は可能なのか?
などということです。

 

マンションやアパートを購入される人は、最寄り駅から近い家であることなど利便性を最優先する場合が多く
一戸建てを購入される人は、治安の良い環境であること、安心して暮らせる環境であること、家族や子供にとって安全な環境であることを最優先する場合が多いのです。

 

「構造」や「機能」や「設備」について

一戸建ての場合、
・間取りに対しての動線は良いものなのか?
・生活スペースはしっかりと確保されているのか?
・キッチンやお風呂やトイレなどの設備は使いやすいのか?
・雨漏りはないのか?
・シロアリの被害はないのか?対策は行われているのか?
・経年による劣化はどれくらいあるのか?
このような内容をチェックされます。

 

マンション・アパートの場合、
・景観は良いものなのか?
・日照具合はどうなのか?
・共用部分はどのようになっているのか?
・専用部分はどのようになっているのか?
・管理組合は機能しているのか?
・建物の構造はどのようになっているのか?
このような内容をチェックされます。

 

「売り手側の態度」も調査項目なんです!

査定の際に調査されるのは家の状況や周りの環境ばかりではありません。

家を売りたいと思っているあなたの態度もチェックされているんです。

人柄が悪いな、態度が悪いな、そのように判断されてしまうと
後から何かトラブルが起こってしまうのではないか?ということを考えざるを得ないのです。

査定士だけではなく、購入を希望される側にとっても重要な調査項目になります。

 

「家の特徴」

これは一戸建ての場合なのですが、その家の特徴についても調査されます。

最もチェックされるのが「土地の形状」です。
たとえば、売りたい家の土地が100坪だとしましょう。
その100坪の土地は「長方形なのか?」「正方形なのか?」どちらの形状であるのかによって資産価値は変わります。
長方形の土地と正方形の土地とでは、長方形の土地の方が資産価値が高いんです。

 

そして、その特徴をどのように査定価格に反映させるのか?というのは、査定を行う不動産会社によって異なります。

大きく反映され、査定価格がグッと上がる場合もありますし
ほとんど反映されることなく、査定価格への影響はない、という場合もあります。

 - 家を売る時の疑問