家を売るなら【不動産一括無料査定】※1番高い価格がスグ分かる

地元の不動産買取業の一括査定※大手も地元の業者も!家がいくらで売れるか知りたいお父さんに、娘が教えた簡単な査定方法【机上査定】とは?

不動産一括査定って費用や手数料ってかかるの?

   

不動産一括査定サイト『イエウール』の利用料は?

イエウールの不動産一括査定は全て無料で利用することができます。

何度利用しても利用料は一切かかりませんので、査定を依頼したい不動産が複数ある、という場合でも安心してご利用いただけます。

 

実際に家を売却する場合には?

イエウールを利用すれば査定は無料だし家を売ったお金が入ってくるだけ、と考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、実は、家を売る際には「諸費用」がかかるんです。

どのような諸費用がかかってしまうのか、ひとつずつ詳しくご紹介しましょう。

 

家を売却する際に必要な諸費用その1『印紙税』

売買契約書には印紙を貼り付ける必要があります。

印紙は郵便局や法務局で購入することができます。

印紙税は家の売却金額によって異なります。

(売却金額)          (印紙税)
・100万円~500万円    ・2000円
・500万円~1000万円   ・10000円
・1000万円~5000万円  ・15000円
・5000万円~1億円     ・45000円
・1億円~5億円        ・80000円

 

家を売却する際に必要な諸費用その2『抵当権抹消登記費用』

この費用はローンが残っている家を売る場合に必要な費用です。

住宅ローンを組む際には、必ず抵当権設定登記を行わなければなりません。

そして、家の売却とローンの完済後、その抵当権の登記を抹消する必要があります。

不動産1件 1000円の費用がかかるのですが
「家+土地」なのであれば2件なので2000円の費用がかかります。

抵当権抹消登記の手続きは、司法書士に依頼することができるのですが、その場合はさらに費用がかかります。
基本的に司法書士に依頼しますので、司法書士への報酬も費用として考えておくと良いと思います。

 

家を売却する際に必要な諸費用その3『印鑑証明書・住民票・評価証明書』

印鑑証明書や住民票を取得する際に必要な費用も負担しなければなりません。

売却する家と土地の評価証明書を取得する際の費用は、不動産会社が負担する場合もありますし、売り手側が負担しなければならない場合もあります。

 

家を売却する際に必要な諸費用その4『その他』

・耐震診断費用
・耐震補強工事費用
・耐震基準適合証明書
このような諸費用がかかってしまう場合があります。
地震大国と呼ばれている日本ですし、最近では大きな地震も頻繁に起こっていますから、家を買う側にとっては耐震性は重要ポイントのひとつです。
高額で売却するためにも、売却後のトラブルを回避するためにも、耐震診断は行っておいた方が良いと思います。
耐震基準適合証明書を取得する際にかかる費用は15万円前後です。

・アスベスト調査費用
・地盤調査費用
・境界標識設置費用
このような細かな費用がかかる場合もあります。

・不用品の処分費用
家を売る場合、不用品を全て処分しなければなりません。
不要な大きな家具や家電がある場合には費用も大きなものになります。
ローンが残っている家を売る場合には、引っ越し費用もかかってしまいますよね。

 

買取ではなく、仲介で売却する場合

不動産会社へ仲介を依頼して家の売却を行う場合には、家の売買が成立した後、その報酬として不動産会社へ仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料の上限額は『売却価格×3%+6万円+消費税』=仲介手数料
このように計算方法により仲介手数料を調べることができるのですが
1000万円で売却された場合、仲介手数料は38万8800円です。

 

まとめ

家を売る際にかかる諸費用は、必ず負担しなければならないものもありますし、場合によっては負担が必要になるというものもあります。

諸費用だけで数万円から数十万円になってしまう可能性もありますし、売却価格が高ければ高いほど仲介手数料も高くなります。

家を売るということは、売却価格が手に入るということだけではありません。
負担しなければならない諸費用があるということも頭に入れ、用意しておく必要があるんです。

 - 家を売る時の疑問